トップ / インプラントなら固菓子も

入れ歯よりインプラント手術を

歯がなくなってしまうと、せんべいのような辛くて、固いお菓子が好きな人にとっては、非常に不便に感じてしまうものです。歯は一本でもなくなると、噛みにくくなりますし、部分入れ歯や総入れ歯をしている方も多いですが、いつまでたっても慣れないという方はインプラント手術を受けることをおすすめします。入れ歯は所詮は異物なので、どれだけ歯科医院で時間をかけて調節してもらっても、完璧に合うものを作ってもらうことは出来ません。不便な食生活を送りたくないなら、入れ歯ではなく、インプラントを検討しましょう。

自分の歯を取り戻すインプラント

これまで歯を失った場合にはブリッジや入れ歯といった治療方法がありました。しかしブリッジでは健康な歯を削る必要がありますし、入れ歯は噛みごたえが悪いことやはずれやすいという欠点がありました。そのような欠点を補う画期的な治療方法がインプラントです。これは自分の歯の代わりに人工歯根を埋め込んで、人工の歯を装着する方法です。入れ歯の取りはずしが面倒な人や、健康な歯を削るのに抵抗がある人に向いています。インプラントを行うことで食事が楽しくなり、煩わしい手入れもないので自分の歯を取り戻したような快適性を得られます。

インプラントの基礎情報