トップ / インプラント治療と保険

インプラント治療と健康保険

インプラント治療は歯を失った場合の機能性の回復には非常に優れたメリットがありますが、費用が高額となるデメリットがあります。最近になって健康保険が適用されるようになりましたが、一般的な歯科治療レベルでは適用されないために注意が必要です。そもそも健康保険が適用されるインプラントとは、歯科治療の範囲を超えた病院レベルでの治療に適用されるものですから、歯周病や加齢による歯槽骨の減少では適用されないものとなっています。適用条件には医学用語が出てくるために簡単に理解することはできませんが、外傷や広範囲な顎骨欠損などにのみ適用されますので注意が必要です。

治療と保険についてのお話

インプラント治療とは歯が抜けた場合に、抜けた歯の代わりとなる人工物を取り付けて、噛み合わせを回復させて、歯並びが悪化することを防ぐ治療となっています。この治療方法の特徴としては、しっかりと固定させることができるので、安定した噛み合わせを回復させることができることです。しかしながら、治療にあたって必要な費用については実費での負担となります。なぜならば、インプラント治療に健康保険は適用とはならないからです。そのため、病院によって、必要な治療費は異なりますのでさまざまな側面から比較することが大事なこととなります。

インプラントの基礎情報