トップ / インプラントという選択肢

インプラント以外の選択肢

歯を失った場合の現在の最善の治療法と言われるのがインプラントです。顎の骨に人工の歯根を埋め込んで結合を待ち、人工の歯を装着する方法です。自分の歯のように噛めることから、治療費は高額ですが最近では選択する人も増えています。しかしこの治療法が全ての人にとって最善ではありません。何らかの持病をお持ちで治療をしている方などインプラントに向かない方もおられます。そんな時は従来からある義歯やブリッジなどの治療となります。

インプラント構造とメンテナンス

インプラントは、フィクスチャーという歯根部とアパッチメントという支台部、その上に上部構造補綴物という人工歯をかぶせることにより成り立っております。フィクチャーを顎の骨に埋め込むことによって、歯根の代わりとなります。大半はチタンかチタン合金でできていて、チタンは生態親和性が高いために、金属アレルギーの人も治療を受けることができます。また、インプラントはメンテナンスをしっかりとすることによって、長持ちするので、しっかりと歯磨きをして、定期的に施術してもらったところで、定期的に診断を受けることで長持ちします。

インプラントの基礎情報