トップ / インプラント治療の安全性

インプラント手術は安心です

インプラント手術は1本からすることができます。歯が抜けた部分の歯茎にねじ状の金属を埋め込んで、その上に人工の歯を被せます。片顎全部の場合、本数分の土台を埋め込むと心配されるかもしれませんが、そうではありません。片顎を12本の義歯として、土台は4本で支えることができます。患者さんの精神面・体力面などの負担も減りますので安心です。インプラント手術は、歯茎全体に麻酔をかけますので痛みなどの不安はありません。

手が届くインプラント

インプラントと聞くと、かつてはただでさえ高くつくことが多い歯科治療の中でも、手が届かない高価な治療として知られていましたが、治療として行われることが多くなってきたせいもあるのかもしれませんが、最近は、以前ほど敬遠されるものではなくなってきているのではないでしょうか。なにしろ普通に治療として使われる入れ歯と比べると、その快適さが違うことが大きなメリットとされているわけですから、手に届く治療となったのなら、是非インプラントをやってもらいたい、という患者さんたちが増えるのは、とても良く理解できることです。

インプラントの基礎情報