トップ / インプラントと骨粗鬆症

インプラント治療は可能

インプラント治療はあごの骨の中に金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。見た目も美しく、自分の歯と同じように食事ができるので、この治療を受ける人が増えています。骨粗鬆症であっても、骨密度が低くても、インプラント治療は可能です。歯根を支える骨があれば、人工歯根を埋め込むことができるのです。骨が少ないと歯根を埋め込むことができないために治療を断念する場合も以前はあったようですが、最近では新しい骨を増やす再生医療が進んできています。まずは歯科医に相談してみましょう。

インプラントの価値ある魅力

何かのトラブルに伴って歯を失う事があります。特に奥歯を失ってしまうと、物を噛むのが困難になってしまいます。その治療方法の一つとしてインプラントがあります。顎骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯をかぶせて歯を作ります。この術式は保険適用外ではありますが、それだけの価値ある魅力があります。違和感が少なく自分の歯と同じ様に感じる事ができます。さらに、適切なメンテナンスを受けていれば良好な状態を数十年以上維持する事も可能です。そのために劣化した歯を予防的にインプラントに変えてしまう人もいるほどです。

インプラントの基礎情報